石上てるよさん【株式会社イシガミ】

石上てるよさん【株式会社イシガミ】

銚子の名産のひとつである“ぬれ煎餅”。
イシガミにはそれを目当てに来店されるお客様も多いのではないでしょうか。
きっとそんな方は店内に並ぶ様々なお煎餅に驚くことになるでしょう。
醤油、胡麻、白雪(ざらめ)、堅焼、おかき、あられ、かりんとうetc…
書きだしたらきりがないほどたくさんの種類のお煎餅が迎えてくれます。

そんなイシガミの社長、石上てるよさん(以下石上さん)にお話しを伺いました。

「イシガミの信条は“皆様にお喜びいただけるお煎餅”です。
それを目指して、常に“同じもの”“新しいもの”を揃えるようにしています。
60年の伝統あるいつでも美味しく安心安全に召し上がって頂ける“同じもの”。
かわりゆく時代の変化に合わせてお客様のニーズに応える“新しいもの”。
このふたつが揃うことで、何度も足を運びたくなるお店になると思っています。
それに単純にたくさんの種類があった方が選ぶ喜びがあって楽しいですよね。」

石上さんの言う通り、どれにしようかみているだけでわくわくしてしまう店内。
さらにお煎餅の試食ができたり、お茶を飲める休憩所があったり(銚子駅前店ではスペースの関係上実施なし)するのも嬉しいサービスです。

石上さんは、社長職以前は開発担当だったとのことで、今でも新商品はどうしようかということが常に頭の中にあるとのこと。
年に数種類は新商品が発売されるそうです。

その中でも、千葉みやげデザインプロジェクトから商品化された“ぬれ煎餅 味くらべ(8枚入り)”は銚子の代表的な風景がデザインされた素敵なパッケージが目を惹く、お土産や贈り物に最適な詰め合わせです。
開封してみると、裏には隠れたメッセージが書いてありました。
それを書いたのも、実は石上さんです。

銚子の“自然の豊かさ”を誇りに感じているという石上さんならではの、あたたかいメッセージ。
(ここで紹介できないのが残念ですが、商品を手にとってからのお楽しみです!)
「銚子の自然をみていると、海や空が広く、時間を忘れて心が和みます。
それに、お煎餅に欠かせないお醤油も銚子の気候があってこそできるのです。
湿度が高く、一年を通して気温の変化が少ないので、麹菌が育ち美味しいお醤油をつくってくれます。
そういう自然の恩恵を感じることができるのも、銚子の素敵なところですよね。」

そんなお醤油の街、銚子ならではの試みとして、昨年、市内のお煎餅屋さんが一同にかいした “日本一の銚子 しょっぱいせんべい食べくらべセット”が販売され、イシガミも参加しました。
「お煎餅と言ってもお店によって個性があり、お客様に公平に味を比べてもらえるというのはおもしろい企画ですよね。
イシガミとしても銚子市内外のイベントに積極的に出店しています。
多くの人の目に触れることで、自社だけではなく銚子をPRすることにもなると思っています。
また自社や銚子のことを客観的にみることができ、よい刺激になっています。」
銚子商工会議所議員としても活躍されている石上さんは、今後はお煎餅屋さんだけではなく、業種に関係なく銚子の様々なお店同士を繋げられるツールをつくり、地域全体でおもてなしできるようにしていきたいと考えているそう。
そうして銚子を盛り上げていき、次世代に引き継いでいきたいということでした。
新しいことをするときは、強い信念と持続させられる環境が必要だと話す石上さんですが、常に成長を考えて行動しており、社長しての逞しさを感じます。

伝統の味を守りながら、街のお煎餅屋さんという枠を超えて進化しているイシガミ。
それを支える石上さんのお話しをきくことができ、大好きなお煎餅がもっと好きになりました。

銚子でみつけた幸せ
「自然の豊かさ」

関連情報

img23

(株)イシガミ 新生店

カテゴリ:MISE

img23

(株)イシガミ 犬吠店

カテゴリ:MISE

img23

(株)イシガミ 銚子駅前店

カテゴリ:MISE

img23

ぷくぷくマンボー【㈱イシガミ】

カテゴリ:MONO