犬吠埼灯台

犬吠埼灯台

1874年11月15日、英国人技師のリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計・施工監督のもと、国内24番目の西洋式灯台として完成し、点灯しました。
高さ約32mのレンガ造りで展示室も併設されており、灯台に関する品物やブラントンの胸像などを見ることができます。かつて視界が悪いときに音で船に犬吠埼の場所を知らせていた霧信号所霧笛舎では、当時の音を聞くことができるパネルが展示されています。
近代化産業遺産、国の登録有形文化財にも登録されています。
灯台の横には、灯台とお揃いの白亜の郵便ポストがあり、ここから手紙を投函すると灯台印の消印を押してもらえます。

引用:とっておき、銚子散歩 / 稲葉 豊和 編著
銚子公式HP あんだこれ
photo:銚子市

関連情報

img23

銚子ギフト プリズム

カテゴリ:MISE

img23

PURE BALLOON

カテゴリ:MISE

img23

海風陽和

カテゴリ:MISE

img23

涙痕の碑

カテゴリ:BASHO

img23

絶景の宿 犬吠埼ホテル

カテゴリ:MISE