涙痕の碑

涙痕の碑

早稲田大学出身の青年の詩人・三富朽葉と今井白揚の2人は、君ヶ浜付近にあった三富家の別荘に遊びに来ていましたが、1917年(大正6年)8月2日に君ヶ浜で激しい波にさらわれて溺死してしまいました。
2人の父は悲嘆のあまり翌年の8月2日に涙痕の碑を建てて永遠の追悼をしました。
この碑は高さ1.8m余りの根府川石で、上部の白いエナメルで固めた2人の写真がはめ込んであります。
涙痕の碑は、灯台下広場の右手奥の崖下にあります。

引用:とっておき、銚子散歩 / 稲葉 豊和 編著
photo:銚子市

関連情報

img23

銚子ギフト プリズム

カテゴリ:MISE

img23

PURE BALLOON

カテゴリ:MISE

img23

海風陽和

カテゴリ:MISE