海上八幡宮

海上八幡宮

社伝などによると平安時代初期の807年(大同2年)、豊前国(福岡県東部及び大分県北部)の宇佐八幡(宇佐神宮・大分県宇佐市)を勧請して創建したのが始まりで、1126年~1130年の大治年間に修築されました。
1180年(治承4年)に現在の地へ移ったといわれています。
江戸時代には、海上郡60余郷の総鎮守として栄え、総社八幡宮と称しました。
現在の本殿は1683年(天和3年)の建立とされ、江戸時代前期の力強さを表現する施工や、県内でも類例の少ない技法が使われています。
本殿は1990年(平成2年)3月16日に千葉県の有形文化財に指定されました。
境内には、「海くれて 鴨の声 ほのかに白し」と彫られた松尾芭蕉の句碑があります。

引用:とっておき、銚子散歩 / 稲葉 豊和 編著
photo:銚子市

関連情報

img23

和ごころレストラン うさぎ

カテゴリ:MISE

img23

宮内薬局南店 デイスパフェリーク

カテゴリ:MISE

img23

HappyHand(ハッピーハンド)

カテゴリ:MISE

img23

余山貝塚

カテゴリ:BASHO