常燈寺(常世田薬師)

常燈寺(常世田薬師)

真言宗の寺で通称・常世田薬師として知られ、奈良時代の僧・行基の創建と伝えられています。
1959年(昭和34年)6月27日に国の重要文化財に指定された、高さ約1.4m・坐幅約1mの木造薬師如来坐像があります。桧材の寄木造りで、全面に漆箔を施してあり、金色に輝いています。
現在は、初薬師にあたる毎年1月8日の午前7時から正午まで収蔵庫を開けて一般公開(ご開帳)が行なわれます。尚、木造薬師如来坐像は複製が千葉県立中央博物館に展示されていて、こちらはいつでも見ることができます。
境内には、他にも様々な年代に建立及び創建された建物があり、江戸時代前期から後期にかけての建築様式の変化を見ることができます。

引用:とっておき、銚子散歩 / 稲葉 豊和 編著

関連情報

img23

お食事処 百鳳苑

カテゴリ:MISE

img23

やまこ庵(小浜店)

カテゴリ:MISE

img23

dress hair

カテゴリ:MISE

img23

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅

カテゴリ:MISE