宮内佳世子さん【宮内薬局南店 デイスパフェリーク】

宮内佳世子さん【宮内薬局南店 デイスパフェリーク】

松岸駅から徒歩五分、国道356号沿いにあるピンクの小箱は薬局とエステが一つになった健康と美のアトリエ、「宮内薬局」。
ご主人が健康面で銚子の方々をサポートすることで、そして奥様は美容面で銚子の女性が綺麗になるお手伝いをすることで、仕事を通して大好きな銚子の役に立ちたい、と迷わず語られました。

今回お話を伺ったのは奥様の佳世子さん。
“皆様が「美しく健康に」なる手助けをし、なおかつ満足できる「結果」を出せるよう、そして、誰でも安心して施術を受けて頂けるように「安全・安心」を心がけております。”
ホームページでも明言されているコンセプトです。
充実した化粧品・サプリメントの数々から、エステ各種やダイエット・脱毛、佳世子さんおすすめのソニックエステ(※)まで、多岐にわたるメニューを安全に提供する技術はもちろんのこと、初めてのエステに、どんなことをするんだろう…料金高いかしら…というお客様の不安を払拭するところから、丁寧に“安心”を提供されていることがうかがえます。
そして、その「どなたでも安心して施術を受けてもらい、美しく健康になるお手伝いを」
という佳世子さんの願いを、スタッフの皆さんが共有している様子に、安心感と好感を感
じました。
※ソニックエステでは毎秒百万回の微振動でインナーマッスルが鍛えられ、リフトアップ、小顔効果あるそうです。
若返りお悩み解決のエステサロンがこんなに近くにあったのをご存知でしたか?

さて、「美しく健康になるお手伝いをしたい。」という思いと並んでとても大切にされていることが、「スタッフ」とのこと。「女性が誇りを持って働く職場を作りたい。」とインタビュー冒頭で語られた言葉は、角度の異なる問いの中でも度々表れていました。
「大切にしていることはスタッフとの関係性。スタッフが喜んでくれると自分も嬉しい。」
「スタッフ一人一人が生き生きと誇りを持って働く姿を見るのが楽しい。」
或いは「支えになっているものは?」の問いにも「スタッフ。」
今この原稿を書くにあたりインタビューの録音音声を聞き返しながら、改めて「スタッフ」という言葉の多さに気づいた時は、佳世子さんの宝物に触れたような気持ちになりました。

そしてもう一つ、よく出てくる言葉が「お客様」。
「お客様が綺麗になっていくのを見ることがやりがい。」
「女性をきれいにするのが夢。」
繰り返される言葉から、佳世子さんの一貫した思いが伝わってきます。
時にはお客様からのお叱りがあるそうですが、その時はありがたく素直に受け止めて皆で改善していくようにしているという佳世子さん。
好きな言葉は、“七転び八起き。転んでも必ず起き上がる。”だとか。

銚子の女性の魅力を磨く佳世子さんに、銚子の魅力も伺いました。
とにかく住みやすい、大好きな町だそうです。
温暖な気候。地震にも強い。野菜も豊富。魚も美味しい。銚子電鉄もすき。景色も良い。
なんてったって初日の出も一番!おすすめは“東洋のドーバー海峡”と呼ばれる屏風ヶ浦。
・・・と、銚子の魅力を次々挙げられます。
お客様の魅力も上手に見つけてくれそうです。

お話を伺っている間には、脱毛施術の男性とエステ施術の女性が来店されていました。
男性でも、女性でも、そう、どなたでも、です。
「どなたでも安心して施術を受けてもらい、美しく健康になるお手伝いを。」
そう願う宮内薬局で、生き生きと誇りを持ったスタッフからの施術を終え、輝きを増したお客様が佳世子さんと一言二言笑顔で会話を交わし、帰っていかれました。

62年前、当時ヤマサ醤油の研究所で働かれていたお姑さんが夢を持って始めた薬局を受け継ぎ、今では佳世子さんにとってご自身の夢を叶えていく場所となっている、なんて、素敵だなあ。
“デイスパ フェリーク”はフランス語で「いきいきと輝く」「妖精のように」「夢の世界のように美しい」の意味だとか。
ゆったりとしたBGMが流れるサロンは、お客様やスタッフ、夢…と、佳世子さんの宝物がいきいきと輝き息づいている小箱のようです。

余談♪
6年ほど前から中国の算命学が趣味とのこと。
中国に発祥した干支暦をもとに占う中国占星術です。

こちらのお話も伺ってみたいですね。

銚子で見つけた幸せ
寝る前に幸せ~と言っています。自然に口から出ちゃう。
主人と手を繋いで寝る、それもあたたかくて幸せ。

関連情報

img23

宮内薬局南店 デイスパフェリーク

カテゴリ:MISE

img23

快便セット 【宮内薬局南店 デイスパフェリーク】

カテゴリ:MONO

img23

ちょうしちぢみ

カテゴリ:BASHO

img23

HappyHand(ハッピーハンド)

カテゴリ:MISE