12月 30, 2020

12月26日ワークショップ報告、マスク越しのキフについて、年間の水揚げ量

【12月26日 ワークショップ 報告】

12月26日にまちづくりワークショップが開催されました。このワークショップは講師にNPO法人「6時の公共」から仁平貴子さんをお招きして実施されました。

 

今回のワークショップの目的はボードゲームを通じて自律的に考え主体的共生的に行動するオーナーシップについての理解を深め考えることでした。今回のワークショップには多世代、多職業、多国籍の方々が参加していました。

今回のワークショップの参加者アンケートより(参加した率直な感想を5段階で評価)

◆全体を通しての満足度  4.31
◆ゲームのおもしろさ・楽しさ 4.36
◆ゲームの仕組みのわかりやすさ 3.6
◆ゲーム自体からの学びの要素 4.2
◆自分のこれからのアクションへの影響 4

という結果になりました。今回のワークショップでは全体的にみると参加者の満足度は高かったのですがそれと同時に多くの課題も見つかりました。

1月9日には高校生を対象としたワークショップが開催されます。今回の課題を踏まえてよりよいワークショップにしていきたいです。

【次回のワークショップのお知らせ】

まちづくりワークショップ

高校生限定

日時▸▸2021年1月9日(土)13:30~15:00

場所▸▸銚子市勤労コミュニティセンター2階

 

【マスク越しのキフ】

銚子円卓会議では12月の寄付月間に伴って「マスク越しのキフ」活動をしています。この活動は「たとえ離れていても、マスク越しであっても、”がんばる気持ち” ”応援する気持ち”は通じ合う」ということをコンセプトにしています。この企画ではSNSを活用して毎日チャレンジ寄付をしています。

※チャレンジ寄付に関してはインターン生が毎日リフティングチャレンジをしております。リフティングチャレンジの動画は毎日銚子円卓会議のInstagramの方で投稿をしているので是非皆さんご確認ください。

https://www.instagram.com/choshientaku

皆さんも#マスク越しのキフをつけてチャレンジ寄付に参加してみませんか?

 

【銚子市の水揚げ量について】

銚子漁港では12月28日に今年の漁を終えました。今年一年の水揚げ量は27万トンあまりとなり10年連続で日本一となる見込みです。魚の種類としてはイワシが最も多くおよそ16万トンで全体の6割を占めました。

お問い合わせ先 ・・・ お問い合わせ|想像から創造へ|銚子円卓会議

銚子円卓会議のfacebookはこちら