9月 9, 2020

水筒の進化 9月7日、8日の水揚げ量

by CN-ADMIN in News, お魚情報

新しい水筒を探しています♪

機能もデザインも色々あり、「こんなのがほしいな」から、

「こんなのもあるんだ!」と、見始めるとなかなか決まりません。

水筒の歴史は古く、ひょうたんや竹が有名ですが、江戸時代に入ると、

お芝居や行楽に持ち歩くため、漆塗りや家紋入りなど華やかに。

明治30年にはアルミ製の水筒が、そして戦後にはプラスチック製や

ステンレス製など登場。

今はエコの観点から日常マイボトルを持ち歩く人も増え、軽量で

機能的でおしゃれな水筒が豊富!

やはり迷います。

<9月7日の水揚げ量>

底曳(打瀬)   11.6t

鮪鮫延縄    18.8t

その他      9.8t

合計      40.2t

<9月8日の水揚げ量>

その他     0.7t

合計      0.7t

お問い合わせ先 ・・・ お問い合わせ|想像から創造へ|銚子円卓会議

銚子円卓会議のfacebookはこちら