6月 11, 2019

第一国立銀行設立の日と、6月10日の水揚げ量

by CN-ADMIN in News, お魚情報

1973(明治6年)年の今日、6月11日、日本初となる銀行、「第一国立銀行」が設立されたそうです。

尽力されたのは、2020年に新一万円札の顔になる「日本資本主義の父」渋沢栄一氏です。

渋沢氏は、論語の精神を重んじつつ、パリで学んだ合理主義を踏まえ、「富は社会に還元すべき」と説き、経済と道徳を両立させる「道徳・経済合一説」を唱えました。

名前に「国立」と入っていますが、この銀行は民間企業で、日本初の株式会社でもあります。
10年もたたないうちに「日本銀行」が設立され、お金の発行は日銀が担うことになります。
そこで、1896年には「第一銀行」に、その後、三井銀行と合併して「帝国銀行」、さらに1971年に「日本勧業銀行」と合併して「第一勧業銀行」に。2002年には、現在の「みずほ銀行」になるという・・・・。

おそらく現代の金融ドラマの世界以上に、ドラマチックで熱い人間模様が繰り広げられたことでしょう。

<6月10日水揚げ量>
鮪鮫延縄   5.5t   鉢・だるま・びん
その他    6.5t
合計    12.0t

お問い合わせ先 ・・・ お問い合わせ|想像から創造へ|銚子円卓会議

銚子円卓会議のfacebookはこちら