2月 7, 2018

八百森のエリー & 2月6日水揚げ量報告

生産者と消費者をつなぐお仕事である仲卸業を取り上げた作品、仔鹿リナの「八尾森のエリー」の表紙に見慣れた箱が♪
主人公が、銚子の野菜連合会のきゃべつを抱えている!!と大地の恵みでお世話になっている島田さんが教えてくれました。
島田さん個人のインスタでもなかなかの反響らしい。LOVE キャベツ~(^-^)

ちょうしノートとしては、島田さんが、この表紙を喜んでいることがすごく嬉しい &「この前、セレクト市場の感謝祭ではじめて、坂尾さんと会いました!」と話してくださることが嬉しい!

そして、大地は海の恋人なのです。
で、2月6日の銚子漁港水揚げ量報告です!

施網(いわし)    187.3t

施網(さば)   3,672.9t

底曳(打瀬)       5.6t  まあじ やりいか

底曳(小型)       4.9t  ひらめ  ふぐ(小才)

鮪鮫延縄        16.0t  鉢 だるま びん長

廻船底曳         3.3t  まあじ やりいか

その他          4.9t  さわら  活たこ

合計       3,894.9t

★ご協力★島田 克彦さん

銚子市在住 昭和53年生
名刺には大きく「耕し系」すいか、だいこん、きゃべつと記載し、
SNSで、日々の作業や作物の成長を発信するなど、農業の現場を日々発信中。

お問い合わせ先 ・・・ お問い合わせ|想像から創造へ|銚子円卓会議

銚子円卓会議のfacebookはこちら